女性

望みの顔に生まれ変わる

カウンセリング

理解しておくこと

雑誌やテレビなどで顔の小さなモデルを見かけると、自分も同じように、小顔になりたいという方も中にはいるでしょう。小顔を手に入れるためには、自分の家で行える方法もあり、いくらか効果に期待は持てますが、脂肪を取り除くといった専門的なことは不可能です。そこで、美容皮膚科で行っている小顔治療を受けることで、理想とする顔をゲットできます。美容皮膚科で受けられる治療に関しては、スレッドリストのように、治療してから間もなく効果が確認できる方法があります。さらに、美容皮膚科においては、専任カウンセラーによるカウンセリングを受けられるため、小顔治療について何か話があれば、遠慮なく話してみるとよいでしょう。また、美容皮膚科の治療については、メスを使用する外科手術は導入していないため、入院や何日も外に出られない状況になることはありません。ですが、受ける治療法によっては、施術を受けた日から何日かの間、若干赤みが生じることもあるため、初めて施術を受ける方はそのことを頭に入れておきましょう。美容皮膚科においては、小顔になるための数々のメニューを取り揃えていることからも、患者が望む小顔により近づくことができます。では、どのようなメニューが受けられるのかというと、ボツリヌストキシン注射を使った施術を受けることが可能です。この施術というのは、ボツリヌストキシンという名の成分を、エラの筋肉に注射を打ち、一定の間筋肉を細くし小顔に仕上げることができます。そして、注射を打ってから3日から一週間ほど経ってから効果が発揮され、一ヶ月も経過すると、違和感のない小顔になれるでしょう。また、ヒアルロン酸を注入する施術がありますが、アゴが引っ込み気味で、顔のバランスが崩れている方には一押しの施術です。施術のやり方としては、アゴの先にヒアルロン酸を入れていき、鼻のてっぺんからアゴにかけてのラインを上手く調整することで、小顔になることができます。しかし、このやり方が患者に適切かというのは、各患者の顔の作りにより変わってくるため、カウンセリングの際、医者ときちんと話し合うことが大事です。