女性

気をつけることや選び方

カウンセリング

自分に合ったものを選ぶ

小顔にするためには、自分でダイエットすることで実現可能ですが、骨や筋肉が発達している場合や顔が歪んでいる場合には自分の力ではどうにもならないことがあります。この場合には、無理して自分の力で小顔にしようと考えないことです。自分で行う場合には、何らかの問題が発生してしまい余計に顔が歪んでしまったり顔がはれたりしてしまう心配があるからです。もし、本格的に顔を小さくしたい場合には、骨を削る方法や筋肉を小さくする方法として頭蓋骨を矯正することで顔の形を整える方法が考えられます。骨を削る場合には、メスを入れますので、ダウンタイムがおよそ1週間発生します。ダウンタイムとは、手術をした後に顔がはれている状態のことですが、この状態のときには可能な限り外出をしない方がよいでしょう。傷口がふさがっていないため傷口にばい菌が入ってしまう可能性があるからです。すると、余計に元の状態に戻るのか遅くなってしまう可能性が高いです。また、顔がはれている状態や赤みを帯びている状態のため、まわりの人に骨を削ったことがばれてしまうことも考えられます。可能な限り、会社や学校を休むようにしましょう。クリニックの選び方を考えるときには、自分の状態がどのようになっているかを判断することが大事です。小顔と行ってもただ脂肪を落とせば顔が小さくなる場合にはわざわざ手術をする必要もありません。注射などをする必要がないため、普通のクリニックでも血管やリンパの流れを良くするマッサージをしてくれる所を選ぶべきです。頬骨が発達している場合には、手術を得意としているクリニックを選ぶのが良いです。また、顔のゆがみから顔が大きく見えてしまう場合には、頭がい骨矯正を行ってくれるクリニックならば専門的な知識と経験があるため、適切な処置をしてくれる可能性が高くなります。このように、小顔にすることを売りにしているクリニックでも、必ずそれぞれのクリニックには何を得意としているか違いますので、事前に調べておくことが重要になります。クリニックを選ぶ場合には、値段や得意分野だけで選ぶのではなくその後のフォローが充実しているかも確認しておきましょう。いくら値段が安くてもフォローが不十分な場合には余計にお金がかかってしまう可能性があるからです。